インフルエンザ予防について

これから寒い季節になりますが、インフルエンザ予防としては乾燥に気を付けることです。マスクは必需品です。

インフルエンザ予防について

寒い季節のインフルエンザ予防

このエントリーをはてなブックマークに追加

これから寒い季節になりますが、インフルエンザ予防で重要なのは乾燥に気を付けることです。乾燥した環境ではウイルスが増殖して感染しやすくなります。できるだけ湿気の多い環境を作るべきなのです。ただ、室内の湿度を上げるにしても、職場や学校では思い通りにいかない場合もあります。そのような時には、マスクが重宝します。マスクをしているだけである程度の湿気を同時に吸い込むことになるため、インフルエンザに感染する確率が下がるのです。さらに、マスク内に湿ったティッシュやガーゼを入れておくことで格段と効果が上がります。そのような工夫をしながら寒い季節は乾燥に気を付けたいものです。

風邪やインフルエンザを予防するためには、乾燥に気を付けるだけではなく、身体の免疫力を高める必要もあります。そのためには身体を温めることが大事です。外側から温める方法としてはマスクやマフラー、手袋などをすることです。体温が逃げ出す道をふさぐことが体温を維持するには一番有効なのです。そして、身体の内側から温める方法としては、生姜やにんにく、大根やゴボウなどの根菜類をたくさん食べることです。根菜類は身体を温める効果が高い食材になります。生姜紅茶などを日常的に飲むことも有効だと思います。

Copyright (C)2017インフルエンザ予防について.All rights reserved.