インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防の手段は特に難しい事ではありませんが、どうしてもそれを怠ってしまう事があります。

インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防を改めて考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザ予防で最も効果が高いのは、予防注射をする事ですが、これだけでは不充分という事で、日常の生活においても予防の手段をとる必要があります。しかし、ご存知の方も多いと思うのですが、なかなか毎日それを意識するのが難しかったり、うっかり忘れてしまったりする事ばかりです。そこで、一般的な予防方法を改めて紹介するのと同時に、それらの効果についても説明していこうと思います。

結論から言うと、手洗いとマスク着用です。どちらも簡単な事なのですが、簡単な分、継続を怠ってしまうのが、この二つの特徴です。では実際どれくらいの効果があるのでしょうか。インフルエンザに感染する場合、感染者が触れたものに自身が触れる事でも感染します。つまり、何かに触るたびに、感染の危険性があると言っても過言ではありません。菌は石鹸に弱いので、石鹸でしっかり手を洗えば、こうした感染を防ぐのに大いに役立ちます。これを怠ると、人ごみの多い場所では、触れるものにさえ気をつけなければいけなくなってしまうのです。次にマスクです。これは自身の菌を周囲にまかないだけでなく、周囲の菌を受け付けさせない意味もあります。つまり、人ごみの中を歩く際に、効果的な役割を果たしてくれますし、逆にこれを怠ると、無防備でウイルスに突入する事と等しくなります。

いかがでしょう。こう考えてみると、単純な手洗いとマスク着用にも、インフルエンザ予防において大きな意味を感じるのではないでしょうか。

Copyright (C)2017インフルエンザ予防について.All rights reserved.