インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防には免疫力を高めることと、ウイルスを体にいれないための手洗いうがいが非常に重要です。

インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防のために免疫力を高める

このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザは、空気感染するウイルス性感染症であり、毎年のように流行してやみません。そこで、私たちにできるインフルエンザ予防策にはどのようなことがあるでしょうか。まず、免疫を高めることが大切です。免疫の高め方について、以下に見てみましょう。

免疫は、普段の食生活、睡眠時間、など生活習慣に深く関係しています。睡眠時間が短かったり、食生活のアンバランスは、免疫機能の低下につながります。普段の睡眠時間は一定かどうか、睡眠不足で体がだるくなっていないか確認しましょう。また、食べているものに野菜や果実が含まれているか、タンパク質や炭水化物をとりすぎていないか見直すことも大切です。

また、免疫機能は、精神の緊張具合にも大きく影響されます。海外の医学生についての調査では、試験前にたたみかけるように勉強する学生は、こつこつ地道に勉強している学生よりも試験期間中に免疫がさがるというデータがあります。風がはやる季節はできるだけ精神的負担が少ないようにしましょう。免疫機能を高めた後は、やはり、手洗い、うがいは必ず必要です。免疫機能が強くとも、まずは体にウイルスを入れないことが、まずは大切になります。面倒くさくとも、外出から帰ってきたときや食事前などこまめに手を洗ったりうがいしましょう。

Copyright (C)2017インフルエンザ予防について.All rights reserved.