インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防としてはうがいと手洗いをすること、マスクの着用や飴などにより喉に潤いを与えることが大切です。

インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防について

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒くなる季節が近づいてきた時に心配になるのがインフルエンザです。説明の要らないほど一般的なウィルス性疾患となっていますが、これに感染すると高い発熱や倦怠感が一週間前後続き、感染力も非常に高いため出勤や通学が停止されます。そのためインフルエンザに感染することを防ぐ必要があります。

インフルエンザ予防として大切なのはうがいと手洗いを習慣化することです。ウィルスの付着した手から物を食べたり、喉にウィルスが付着したままの状態で過ごしますと発祥のリスクが高まります。またインフルエンザは飛沫感染するものなので外出時にはマスクを着用することも効果的です。のど飴やガムを常時食べることによって、喉に潤いを与えることも効果的です。インフルエンザは乾燥を好みます。また乾燥によって喉の粘膜の保護機能も下がってしまいます。そのためマスクやのど飴ガムが大切となります。

インフルエンザ予防で大切なのは体力作りです。そのためには規則正しい生活と意識的に休むということが大切になります。体力がない場合免疫力が低下し、ウィルスに感染し易くなります。日々の健康管理を徹底しておくことによって、自然と免疫力を高めることができますので、これも効果的なインフルエンザ予防となります。

Copyright (C)2017インフルエンザ予防について.All rights reserved.