インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防の方法はいくつかあります。体力をつけること、人ごみを避ける、マスクをつけるなどがあります。

インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になるとインフルエンザが流行し、学校や会社を休まなくてはならなくなります。そのような状態にならないためにインフルエンザ予防の方法はいくつかあります。まず一つ目ですが、栄養や休息を普段から良くとることです。体力が弱まり抵抗力が低くなるとインフルエンザにかかりやすくなりますので、疲労をためないように気をつけましょう。二つ目は温度や湿度です。湿度が低いと感染しやすいと言われていますので、室内では加湿器などを利用し常に湿度が50〜60%を維持するようにしたいものです。3つ目は外出先から帰宅した際の手洗いとうがいです。うがいは口の中をきれいにしウィルスを防ぎます。手洗いも簡単ではなく手首まで入念に洗うのがおすすめです。

4つ目は人ごみを避けるということです。どうしても外出しなくてはならない場合には、満員電車やデパートなど多数の人がいる場所の滞在時間は短くしましょう。5つ目はマスク着用です。ウィルス感染を防ぐとともに、人に対してのエチケットにもなります。6つ目はワクチンの接種です。インフルエンザは潜伏期間が2週間程度と言われていますので、なるべく早めにワクチンを打つのが大切です。万が一インフルエンザにかかってしまっても重症化を防ぐという意味合いもあります。

Copyright (C)2017インフルエンザ予防について.All rights reserved.