インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防に大切なのは、日頃から健康管理をきちんとし、ウイルスに負けない免疫力をつけることです。

インフルエンザ予防について

今からでもできるインフルエンザ予防。

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると流行してしまう病気として、インフルエンザがあります。インフルエンザは、インフルエンザウイルスによるウイルス性呼吸感染症で強力な感染力があり、短期間で広がるため、日本だけでなく、世界的に流行に気をつけなくてはならない病気です。

インフルエンザは、接触感染と飛沫感染で感染します。くしゃみやせきなどによりウイルスが気管から侵入し、38℃を越える発熱や、頭痛、せき、全身の倦怠感、筋肉痛、関節痛、腹痛、呼吸困難などの症状がおき、特に子供や高齢者などの免疫力の弱い人は、気管支炎や肺炎などを併発し、重症化や死に至る場合のある怖い病気です。人間は、冬になり寒くなると、体温が下がる事で代謝がおち、免疫力も下がってしまい、ウイルスに感染してしまう場合が多いので、インフルエンザにかかるまえに、日頃から予防法を実践しておく事が大切となってきます。

日常生活でできるインフルエンザ予防方法は、外から帰ったらすぐにうがいや手洗いをおこない、バランスのよい食事や適度な運動を行うことにより、免疫力を高める事に努め、部屋が乾燥しないように湿度を保ち、十分な睡眠をとり、出掛ける時にはマスクを着用し、人混みをさけるようにしましょう。これだけでも、日頃からきをつけているだけで、予防につながります。もしも、インフルエンザにかかってしまった場合には、早めに医療機関を受診し、早めの治療をうけましょう。

Copyright (C)2017インフルエンザ予防について.All rights reserved.