インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防は、ワクチンを打つ、休息、食生活、手洗い、うがい、マスクなど自分で行えます。

インフルエンザ予防について

自分でできるインフルエンザ予防

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからまさにインフルエンザのシーズンです。毎年大流行を見せるインフルエンザ、とても辛いものです。そもそもインフルエンザは、インフルエンザウイルスによって起こる感染症です。2から3日の潜伏期間をへて、高熱、咳、頭痛、全身の痛みなどの症状を起こします。子供の方が発病しやすいと言われています。インフルエンザ予防として、まずワクチンの接種が有効です。接種することで仮に感染しても軽症ですみます。また、免疫力が低下しているとかかりやすくなるため、十分な睡眠、しっかりと食事を採ることを心がけます。インフルエンザはくしゃみや咳を介して移りやすいので、うがい、手洗いを頻繁に行うことも重要です。マスクをする場合にはしっかりと密着させ、鼻までしっかりと覆います。外から帰ったら外面には触れないように破棄します。再利用は望ましくありません。もちろん人混みを避けることも必要です。

また、部屋を換気し、加湿することも大切です。湿度が高くなるとインフルエンザの感染力は弱くなります。もし、インフルエンザ患者と濃厚に接触した場合には、予防的にインフルエンザ治療薬を使用することができます。医師に相談しましょう。自分でできる予防策をしっかりと行い、インフルエンザ予防をしていきましょう。

Copyright (C)2017インフルエンザ予防について.All rights reserved.